ホーム トップ > 図書目録 > 森へゆく径 vol.01

森へゆく途 vol.01

● 目次

ご購入はこちら

森へゆく径 vol.01
編集実践教室 編
定価:本体1,000円+税
判型:A5判
頁数:96頁(巻頭8頁カラ―)
ISBN978-4-88696-037-5

ネットなどの発達によって「発信者」と「受信者」の区別がなくなり、双方が文字、画像、映像、音楽などのコンテンツを発信し受信するようになっています。

このような状況の中で、送り手であり続けた「出版物」という媒体が、どのように振る舞うことができるかを考えたいとの思いから出発しました。

「読み手」が「創り手」にもなる共感時代の「場」としての「森」です。

さまざまな分野で活躍される方々が、それぞれの小径を通って森に集えば、そこには生き生きとした「集合知」が豊かに茂るでしょう。読者もその森に分け入れば、思いもかけない泉に出会うかもしれません。

NSNなどを利用して、企画・編集過程から多くの方に参加し創りあげてもらえればと期待しています。http://www.hjissen.com/

編集実践教室 編(へんしゅう じっせん きょうしつ)

編集プロダクションや出版社を45年にわたって運営してきたグループ会社の中のプロジェクトのひとつです。

目次

プロローグ

ウィーン、本を片手に新旧カフェをめぐって(カラー)

「知の集積」が生み出す未来の可能性(対談:佐倉統)

消費行動から読み解く「本」

「本」に対する感覚の変遷と時代(永江朗)

こんな本を読んできた(菊地誠、楠正憲、松永肇一、石戸諭、園田涼、尾崎英子)

本を買わせる、スゴ!腕の仕事

“本を読まない人”に“本を読ませる”ブックレビュー(豊崎由美、土屋敦)

売れる装幀なんか知らない(渡邊民人)

モノづくりと編集は似ている!?(enmono)

みんなで創る小特集 第1回

1万円あります。本、買いに行きました!

(年齢も職業も様々な15人にお願いしました。好きな本を買ってきて、自慢してください)

都市。そして本(Eine STADT. Ein BUCH.)取材・文:山葵夕子