ホーム トップ > 図書目録 > 最新ITを活用する経営情報論
最新ITを活用する経営情報論

● 目次

ご購入はこちら

最新ITを活用する経営情報論
―モバイルからビッグデータまで

小泉澄 監修、野々山隆幸 編著
定価:本体2,200円+税
判型:A5判
頁数:192頁
ISBN 978-4-88696-031-3

ITの発展はめざましく、われわれの生活とは切っても切りはなせないものになっている。経営や教育の現場においても最新のITが活用されており、IT知識は必要不可欠なものである。しかし、ITや経営情報を学ぼうとしても、その解説書やテキストは難解で理解に労力と時間を要する。

そこで本書では、難しい表現や言葉をさけ、最新ITを活用する経営情報論をわかりやすくまとめた。

各章では具体例として、サントリーやローソン、Amazon.comといった有名企業のIT活用を取り上げている。また、スマートフォンやビッグデータの利用といった昨今注目されている話題にもふれた。理論やしくみだけでなく、身近な話題を取り上げることで、ITがどのように経営の現場や生活に関わっているのかを理解することができる。

本書を読むことで、IT活用の現状を把握することができるので、ITを学習している学生はもちろん、すでに実務に携わっている社会人にとっても最適の入門書となっている。

監修

小泉 澄(こいずみ きよし) 株式会社東和コンピュータマネジメント取締役相談役

編著

野々山隆幸(ののやま たかゆき) 愛知産業大学経営学部教授、経営学部長、横浜市立大学名誉教授

著者

田後淳一(たご じゅんいち) 税理士,税理士法人フォース専務理事
星野祐子(ほしの ゆうこ) 東海大学情報通信学部講師
柳田義継(やなぎだ よしつぐ) 横浜商科大学商学部教授,横浜市立大学博士(経営学)
成川忠之(なるかわ ただゆき) 東海大学総合教育センター准教授,横浜市立大学博士(経営学)
税所哲郎(さいしょ てつろう) 群馬大学社会情報学部教授,中央大学博士(工学)
永松陽明(ながまつ あきら) 横浜市立大学国際総合科学部准教授,東京工業大学博士(工学)
南 憲一(みなみ けんいち) 嘉悦大学経営経済学部教授

目次

はじめに
第1章  経営情報システムの基盤と発展
 1. 経営情報システムの定義
 2. 経営情報システムの基盤
 3. 経営情報システムの発展
第2章  ハードウェア
 1. コンピュータの機能と装置
 2. コンピュータの種類
 3. 情報通信ネットワーク装置
第3章  ソフトウェア
 1. システムソフトウェア
 2. アプリケーションソフトウェア
 3. マルウェア
第4章  データベース
 1. データベースとデータベース管理システム
 2. リレーショナルデータベース
 3. リレーショナルデータベース管理システム
第5章  情報通信ネットワーク
 1. 情報通信ネットワークの進展
 2. インターネットの特徴
 3. Webの特徴
第6章  モバイルコンピューティング
 1. モバイルコンピューティングの進展
 2. モバイルコンピューティングの基盤
 3. モバイルコンピューティングの活用
第7章  ソーシャルメディア
 1. ソーシャルメディアの進展
 2. ソーシャルメディアの特徴と活用方法
 3. 企業のソーシャルメディア活用
第8章  情報セキュリティ
 1. 情報セキュリティの3要素
 2. 情報セキュリティマネジメント
 3. コンピュータウイルスの現状と対応
第9章  業務アプリケーション
 1. 基幹業務アプリケーション
 2. 統合型業務アプリケーション
 3. クラウド型業務アプリケーション
第10章  eビジネス
 1. eビジネスにおけるWebサイトの役割
 2. Webサイトの構築
 3. 電子商取引の種類と特徴
第11章  ビッグデータ
 1. ビッグデータの活用
 2. ビッグデータの収集から活用までのしくみ
 3. ビッグデータの課題
第12章  ビジネスシミュレーション
 1. シミュレーション
 2. ビジネスゲーム
 3. eラーニング
第13章  ITの資格と試験
 1. ITの国家資格とベンダー資格
 2. ITの国家資格と試験
 3. ITのベンダー資格と試験

おわりに