ホーム トップ > お楽しみルーム > りゃんよさんに聞く「100の質問」
りゃんよさんに聞く「100の質問」

弊社から好評発売中の『好きなイラストを描いてオカネを稼ぐ方法』。その出版を記念して、著者のりゃんよさんに「100の質問」を実施! イラストレーターは毎日どんなふうに仕事をしているのか、プライベートはどのように過ごしているのかなど、ざっくばらんに答えていただきました。イラストレーターになりたい人はぜひご覧ください。

Q1 小さい頃から絵を描くのが好きでしたか?
A 大好きでした! りゃんよ家では、私と姉が描いた絵を弟がジャッジするという「お絵かき大会」がよく開催されていました。
Q2 イラストレーターになりたいと思ったのはいつから?
A 小さい頃からですが、絶対にムリだと思って諦めていました。現実的に考えたのは、イラストレーターの師匠に出会った23歳のときです。
Q3 家族の人も絵が上手でしたか?
A じつはお母さんが小学校の美術の先生なんです。描き方を教えてもらったことはありませんが、やはり遺伝的な要素もあるんですかね?
Q4 小さいころに絵を描く練習はしていましたか?
A 趣味で妄想の漫画を描いたり、友だちに手紙を出すときに絵を描いて添えたりはしていましたが、練習といえるほどのものだったかどうか……。
Q5 小さいころに憧れていた芸術家・イラストレーターはいましたか?
A イラストレーターの326(ミツル)さんが好きでした!
Q6 中学や高校では美術部でしたか?
A 帰宅部と料理部でした。
Q7 小さいころに描いていた絵はセンスがあったと思いますか?
A 絵はヘタだったと思いますが、当時描いていた4コマまんがはいま見ても面白いし、ギャグセンスはあったのかなあって思います(自画自賛……)。
Q8 自分で絵を描く才能はあると思いますか?
A ホントにないです。ワタシの強みは妄想力とギャグ力だと思ってます!
Q9 小さいころはどんな絵を描いていましたか?
A ガチガチの少女漫画を描いてました! キラキラおめめの女の子とか。
Q10 大学時代の就職活動ではデザイン会社なども受けましたか?
A 出版社を受けていました! でも、エントリーシートを書いていると、「もしかしてワタシがやりたいのは、編集者じゃなくて作家なのかも……」って感じたこともありました。
Q11 会社で働きながらイラストレーターをやってみるという選択肢は考えなかったのですか?
A マッタクなかったです。おそろしいくらいに「専業でイケル!」って思い込んでいましたね。これは若さゆえですかね……。
Q12 イラストレーターのほかにやってみたい職業はありましたか?
A 漫才師になりたい(笑)。
Q13 イラストレーターになることを決めたいちばん大きな理由は?
A 師匠の手描きイラストがそんなに上手ではなかったことが大きかったのかもしれません(師匠、ゴメンナサイ!)。師匠もアイデアタイプだったので。
Q14 これまでのイラストレーター人生で、いちばんつらかったことは?
A 2年目くらいのころは単発の仕事しかなくて、たまに手が空いたりすると、「イラストレーター、続けていいのかな……」ってすごく不安になって、寝れなくなったこともありました。だけど、ベテランのイラストレーターさんでもそうなることがあるみたいです。「フリーランスあるある」ですね。
Q15 最長労働時間はどれくらいですか?
A 集中できないときは描かないようにしているので、長時間描き続けたことって、あまりないんです。一気に40枚くらいのラフを4時間ぶっ続けで描いたくらいですね。それでも、かなり消耗して、そのあと1日はマッタク動けませんでした。ワタシは体力がないので……。
Q16 カットイラスト1点を描くのにどれくらい時間がかかりますか?
A 昔は1点描くのに1日かかっていました。描き込みの量にもよりますが、いまなら15分くらいで描けますね。
Q17 まんがを1ページを描くのにどれくらい時間がかかりますか?
A 昔は3日くらいかかっていました。いまなら1日で5枚は描けます。
Q18 ふだんは自宅で作業をしているのですか?
A 自宅でもやりますし、カフェやファミレスでもやります。だいたい自宅が5割、カフェが3割、ファミレスが2割くらいですね。
Q19 イラストのアイデアはどういうときに思いつきますか?
A 電車で移動しているときなんかにに思いつきますね。あと、ドライヤーをしているときなんかにも!
Q20 ふだんから気になることをメモしていますか?
A メモはとりますが、スマホのメモ帳だったり、メールの下書きだったり、いろいろなところに書きまくっているので、どこにどんなメモをとったのかがわからなくなることもあります。これじゃあ、意味ないですね……。
Q21 締め切りが厳しくて逃げ出したことはありますか?
A ないです!! でも、「ホントに間に合わない。もうムリだ!」って思ったときに、占いに行ったことはあります(笑)。
Q22 作業中に音楽やラジオを聞きますか?
A 音楽は聞きますね。すごい叫んでいて、音がうるさいバンドとかを(笑)。
Q23 作業中にテレビやネットなどに逃避することはありますか?
A ありすぎて困っています……。
Q24 煮詰まったときは、どんなふうに気分転換していますか?
A 寝るようにしています。これがイチバン回復しやすいです。
Q25 凝っている商売道具はありますか?
A イスにお尻が痛くならないクッションを敷いています。
Q26 いまでもお絵かき帳みたいなものを持ち歩いていますか?
A いつでも絵が描けるようにコピー用紙を持ち歩いています。
Q27 イラストを描く作業のなかでいちばん好きな作業は?
A すごく楽しく描けて気に入ったラフを、パソコンで本描きする瞬間ですね♪ いまでもワクワクしますよ。
Q28 ひとりで作業することは好きですか?
A もちろん嫌いではありませんが、ずっとひとりで作業しているのもツラくて……。マッサージ屋さんに行って、お店の人とお話しして“孤独”を解消することもあります。
Q29 インドア派ですか? アウトドア派ですか?
A 断然インドア派ですね! BBQとかダメです!
Q30 好きな作家・芸術家・イラストレーターは?
A リリー・フランキーさん(作家)、ジョージ朝倉さん(漫画家)、今日マチ子さん(イラストレーター)。
Q31 尊敬している人は?
A 西原理恵子さん。
Q32 よくブログで下ネタを書いていますが、恥ずかしくはないですか?
A 全然恥ずかしくないです(笑)。
Q33 ブログを書くのにどれくらい時間がかかりますか?
A ブログを描くときは、「新しいことに挑戦しよう!」と思っているので、時間は気にしないようにしています(気にしなくていいときしか描かないです)。
Q34 これまでの自分の仕事のなかで、いちばん満足したものはどれですか?
A 全部ですね。描き終わった直後は最高に満足していますが、段々と慣れていっちゃうんですけどね……。
Q35 仕事を断ったことはありますか?
A 忙しくて手がまわらなかったり、自分のタッチの仕事ではないと思って断ったことはあります。
Q36 好きな映画は?
A 田舎の女の子が努力してのしあがっていく映画ならなんでも好きです! 自己投影しているんですかね(笑)。
Q37 オフの日はどのように過ごしていますか?
A 仕事の合間は、人と会っていろいろな話を聞くようにしています。ネタ収集にもなりますしね。
Q38 お酒は飲みますか?
A あまり飲めないですが、飲み会にはよく行きます。
Q39 イラストレーターを辞めようと思ったことは?
A もちろん、ないです!
Q40 両親に黙って会社を辞めたことに罪悪感はありましたか?
A なかったです……(ごめんなさい!)。
Q41 規則正しい生活をしていますか?
A ホントにグチャグチャで困っています……。
Q42 いま欲しいものはありますか?
A 麻雀プロの資格が欲しい!
Q43 将来の野望は?
A みんなが知っているような作品を出したいです!
Q44 仕事がやりやすい依頼主はどういうタイプ?
A ちゃんとイラストにこだわりをもってくれている人。
Q45 仕事がやりにくい依頼主はどういうタイプ?
A イラストに思い入れがない人。
Q46 依頼主とのコミュニケーションで失敗したことはありますか?
A すぐに返事をしなくてトラブってしまったことです。「短くてもいいからすぐに返事をしておけばよかった」って後悔することもよくあるので、気をつけています。
Q47 1日の睡眠時間は?
A 5~7時間くらいです。
Q48 体調管理で気をつけていることは?
A 体力がなくなると集中力も短くなるので、なるべく歩くようにしています。
Q49 ストレス発散方法は?
A 買い物!!
Q50 ライバルだと思っているイラストレーターはいますか?
A いるけど恥ずかしくて書けません……。勘弁してください(笑)。
Q51 自分とはタッチが違うイラストレーターでも参考にすることはありますか?
A いっぱいあります!
Q52 お絵かき教室で子どもに教えたことがあるそうですが、そういう仕事も楽しいですか?
A 楽しいですよ! だけど、教えるだけなのもダメなんですよね。自分で描くことが好きなんだと思います。
Q53 いまの子どもたちは絵がうまいと思いますか?
A いまの子どもたちは上手だと思いますね。将来のライバルになりそうなので、いまのうちから“芽”はつんでおかないとダメですね(笑)。
Q54 メンタルは強いほうだと思いますか?
A めっちゃ弱いです。弱いから納期が守れるのかもしれません。
Q55 いま、脅威を感じているイラストレーターはいますか?
A 上手なイラストを描ける学生さんがいっっっぱいいて、若い子たちにはつねに脅威を感じています!
Q56 プライベートがネタになる仕事だと思いますが、自分をさらけ出すことに戸惑いを感じることはありますか?
A それはないですね。だけど、どういうさらし方をすればいいかは考えてしまいますね。ウケなければ、ただの“マスターベーション”みたいなものですから……。
Q57 もう一度生まれ変わってもイラストレーターになりたいですか?
A なりたいですが、絵柄は変えたいかな……。
Q58 よく読む雑誌は?
A 『週刊SPA!』とか『週刊プレイボーイ』とか。
Q59 イラストレーターにいちばん必要な能力は何ですか?
A ほかの表現方法(文章とか映像)よりも、絵で表現したいっていう気持ちのほうが大事だと思います。
Q60 イラストの仕事のうち、やりがいのあるジャンルはどれですか?
A うーーーーーん、私は書籍が好きですね。
Q61 知り合いがイラストレーターになりたいと言ったら、勧めますか?
A 勧めますが、放っておきます。ホントになりたい人は止めてもやりますから。
Q62 いまでもイラストの研究はしますか?
A しますします! ずーーーーっとします!
Q63 イラストレーター以外に影響を受けた人はいますか?
A 水野敬也さん(作家)。「夢を叶えるぞー」とか真面目なことを面白く伝えようとするところにすごく影響を受けています。
Q64 イラストレーターとしてやってみたいテーマはありますか?
A なんかキャラクターを描いてみたいです。
Q65 自分のキャラ付けで心がけていることはありますか?
A 嫌なやつってバレないようにしないと(汗)。
Q66 ほかのイラストレーターと比べて、自分が優れていると感じるところはどこですか?
A 次女力(人のふり見て……)。
Q67 逆に自分が劣っていると感じるところは?
A 画力の基礎ですかね(笑)。
Q68 どうしてもやりたくない仕事はありますか?
A ほかの人に頼んだほうがいいような仕事は受けたくないですね。
Q69 いま習いごとはしていますか?
A 今年から落語を習う予定です。
Q70 恋愛マニュアル本をよく読んでいるとのことですが、いちばんよかった本は?
A 『スパルタ婚活塾』です!
Q71 恋愛マニュアル本は実際に役に立ちますか?
A うーん、気休め程度ですね……。
Q72 付き合っている人をネタにするのに躊躇はありますか?
A あります。描いている仕事の途中で別れることになったらどうしよう……って、いつもおびえています(笑)。
Q73 ライバルでもあるイラストレーター友だちとはどういう付き合い方をしていますか?
A 年に2回までしか会わないくらいの距離感を保っています。
Q74 サラリーマン時代の経験は役立っていますか?
A 会社勤めがうまくできなかったっていう経験のおかげで、ワタシにはイラストしかないと腹がくくれました!
Q75 SNSを使うときに気をつけていることはありますか?
A 依頼主さんが見ていることはつねに意識しています。ポエムとか書かないように戒めています。
Q76 好きな音楽は?
A いま話題のゲスの極み乙女(!)。ずっと好きでしたー。
Q77 イラストレーターで成功するのに運は必要だと思いますか?
A 運がなくても成功する人はいると思います。だけど、運だけで成功している人もいると思います。
Q78 これまで何人くらいの依頼主に出会いましたか?
A えーーー、数えられないです! 100人……はいないのかな??
Q79 ジャンル別で依頼主のタイプに違いはありますか?
A ありまくりです!! 細かく書きたいところですが、悪口になりそうなので、やめておきますね。
Q80 金銭的にいちばんおいしい仕事はもっとやりたいですか?
A もちろんオカネは大事ですからね……。ただ、作業的なおいしさと金銭的なおいしさは違うと思うし、金額の高い仕事は精神がすり減って死にそうにもなるので、おいしいとも言えないのかなあ……。
Q81 イラストレーター志望者に教えてあげたいことは?
A ホントにたまたまうまくいっただけなので、えらそうなことは言いたくありませんが、絵を描く人はピュアな人が多い気がします。多少のずる賢さは必要ですよ!!
Q82 SNSで炎上したことはありますか?
A クスッと笑える内容を目指しているので、炎上はしないですね。
Q83 イラストレーターとしての自分の弱点は?
A 画力がないこと!
Q84 逆に自分の長所は?
A イラストレーターにしてはコミュニケーション能力があるところ。
Q85 ペットは飼っていますか?
A 犬を飼っています。仕事で疲れているときに癒やされますよね。
Q86 本書のほかに、イラストレーター志望者にオススメの本はありますか?
A ……『りゃんよのおもしろかわいいイラストの描き方』(笑)。
Q87 イラストレーターの仕事は孤独だと思いますか?
A 孤独です!
Q88 これまでにいちばん評判がよかった仕事は?
A カルピススタンプですかね??
Q89 仕事にマンネリを感じたことはありますか?
A ありますが、すぐに治ります!
Q90 仕事で心が折れたことはありますか?
A ありますが、たぶん何をしていても心が折れることはあると思って、無視することにしています。
Q91 イラストの値段はどうやって決めていますか??
A 料金表をつくっている人もいますが、ワタシの場合は相談に応じてって感じです。自分のなかで、各媒体でだいたいこれくらいって目安は設けています。あまりに安い仕事はお断りしますが、多少だったら作業量を調整したりして、引き受けることもありますよ。
Q92 いままででイチバン高かったイラスト単価は?
A 1点20万円の仕事がありました(こんなのはホントにまれです!)
Q93 営業するコツってありますか?
A 自分のイラストを使ってもらえそうなところに行かないと“ムダ打ち”になってしまいます。「自分のイラストはこの会社のこの雑誌に合ってるかな」とか、ある程度目安はつけておきましょう。
Q94 仕事のやりとりで困ったことはありますか?
A 口頭でイラストのイメージを伝えても伝わらなかったことです。実際に描いて説明しないと、なかなか理解してもらえないんですよね……。
Q95 どうやっていまのタッチに行き着きましたか?
A ワタシの場合は、昔から落書きしていたタッチにかなり近いです。仕事で描くときに直さなければならなかったことは、指が5本ないとダメとか、仕事によっては鼻もちゃんと描かないといけないとかですね。
Q96 身近な人でイラストレーターやクリエイティブな方はいますか??
A 私の場合は、同業の人よりも、仕事関係の方(編集者さんや代理店の方)が多いです。
Q97 自分はイラストレーターに向いていると思いますか?
A ワタシにはほかの仕事はできないと思います。
Q98 実際にイラストレーターになってみて、予想とは違っていたことは?
A 思った以上にビジネスチックだなと。好きな絵を描くというより、商品として売るって感じ。もっとアーティスティックな仕事だと思っていました。
Q99 一週間にどれくらい休んでいますか?
A 仕事の忙しさにもよりますが、会社員みたいに丸2日も休んだことはないですね。作業量が少ない日もありますが、毎日何かしらの作業はしています。
Q100 仕事がはかどる時間帯は?
A よくはないと思っているんですが、夜の0時過ぎは誘惑がなくてはかどりますね。